初期費用0円で業務向けの壁掛けエアコンを設置する方法

業務 用 エアコン 壁掛け

オフィスや飲食店、販売店等の室温調整を行うためには業務用のエアコンを設置しなければなりません。小さい事務所等であれば家庭用のエアコンを設置することも可能ですが、家庭用はやはり一派的な家屋の空調をコントロールすることを想定されているため、人の出入りが激しい場合や、ある程度の広さがある場合はやはり業務用のエアコンを設置することをおすすめします。あまり知られていませんが、業務用のエアコンは実は様々な種類があります。天井に埋め込み設置するものや、天井に吊り下げるタイプは一般的によく使用されていますが、天井に設置するもの以外にも壁掛けものや床置きのものもあります。天井に設置する場合、非常に大規模な取り付け工事が必要となりますが、壁掛けや床置きにおいては設置工事が簡単であることがメリットとしてあげられます。

壁掛けの業務用エアコンのメリットと相場とは

業務用エアコンというと天井に設置するものが一般的ですが、埋め込み式のものは大がかりな取り付け工事が必要な場合や、天井が低い場合に圧迫感が出てしまうため、後から設置することが難しい場合が多いです。壁掛けの業務用エアコンであれば、後付けも容易にしやすいうえ、気流のコントロールがされやすいです。さらに専門の業者に依頼しなくてもお手入れがしやすいといった特徴があります。一般的に壁に取り付けられるように重さが抑えられている分、小さめに設計されていることが多いため、小さめの事務所や店舗などに適しています。また本体が小さい分、相場もメーカー等によって異なりますが、15万円から20万円程度であるため、他の業務用エアコンよりも比較的初期費用を安く済ませられる点が特徴といえます。

壁掛けの業務用エアコンを初期費用なしで設置する方法とは

業務用エアコンの中でも比較的本体価格が安く、導入しやすいのが壁掛けタイプのエアコンですが、それでも本体価格に加えて設置工事費が必要となるため、ある程度の資金を準備しておかなければなりません。あらゆる経費が発生する企業に中でこうした初期費用を抑えたい場合も多いでしょう。その場合には業務用エアコンをレンタルすることをおすすめします。レンタルすることで業務用エアコンの本体価格も工事費用も一切かからず初期費用なしで業務用エアコンを取り付けてもらうことが可能です。レンタルであるため月々の支払が必要ですが、壁掛けのタイプであれば月々5000円程度で最新の機種をリースすることができる他、万が一火災や地震、水害等で本体機器が故障した場合でも修理の料金がかからないため、企業にとっては非常にメリットが高いといえます。