壁掛けエアコンを業務用にお得に設置するサービス

業務 用 エアコン 壁掛け

業務用壁掛けエアコンは、大型のエアコンとは違い、小規模なオフィスや店舗で設置することが多いです。大手メーカーから多種販売されているのでどれを選んだら良いか迷います。色んな機能が搭載されている機種であれば安心ですが、実際に使わなかったら勿体ないことになってしまうので、どのような機能が必要なのか、専門業者に相談しつつしっかり見極める必要があります。そして、事前に現地に来て調査してもらい、室外機の設置場所や配管の長さ、送料などの見積もりを細かく出してもらうようにしましょう。実際にパーツが足りなくて当日に工事が出来なくなり追加工事の発生の防止にもなります。また、メーカー保証や延長保証サービスといった保証システムがどのような形態なのか、事前に確認することも大切でしょう。

壁掛けエアコンの業務用と家庭用の違いと業務用壁掛けエアコンのメリット

ところで、エアコンは業務用と家庭用とで何が違うのでしょうか。家庭用のエアコンを選ぶ際は、家電量販店で表示されている畳数や、軽量鉄骨住宅か木造住宅なのかでエアコンを選びますが、業務用は設置場所の用途によって電力の大きさで選びます。家庭用は約0.8~3馬力ですが業務用は1.5~4馬力で、電気代は大型の物よりもかなり安くなります。業務用エアコンの中でも壁掛け型のメリットとしては、業務用のエアコンでは、天井に埋め込むような大型の物が多いかと思いますが、事務所がそこまで大きくない省スペースであれば、設置が簡単で工事費用が安く、日頃のお手入れがしやすい壁掛けエアコンが向いています。このように、壁掛け業務用エアコンは、家庭用と大型の物の両方の良い所を兼ね備えているのです。

設置場所の環境によって業務用壁掛けエアコンの選び方

近年では、熱中症対策に教室にエアコンを取り付ける学校が増えてきました。また、レンタルオフィスや介護施設、飲食店、工場等も業務用壁掛けエアコンを取り付けることが多いです。飲食店と教室では必要な馬力が違うので、能力で選ぶことは必須です。他にそのような場所ではどのようなエアコンの機能が必要なのかと言うと、人感センサー機能があることによって効率良く空調を調節し、節電に繋がります。また、日当たりが良い場所と悪い場所では気温が違うので、そのような差を察知してムラなく調節してくれる物を選ぶと良いでしょう。近所の騒音トラブルが問題視されるようになったため、室外機の運転音に関する表示がされるようになりました。また、環境問題になっているフロンもラベルで表示があるので合わせてチェックするようにしましょう。