業務用の壁掛けエアコンをリースするメリット

業務 用 エアコン 壁掛け

業務用エアコンの壁掛けタイプの相場価格ですが、本体のみ価格として15万円程度からとか1馬力のものが定価で50万円以上するだろうともインターネットでは言われたりしますが、業務用エアコンには壁掛けタイプでも非常に沢山の種類があることや設置する場所や工事費用・屋外機などの関連する物の考慮の仕方によって随分変わってしまうので簡単に説明することは難しいことだと思います。同じ種類の上見た目にも違いが判らないエアコンでも、馬力の差で簡単に例えると、1馬力と5馬力では約10万円以上の差が付くとも言われたりします。家庭用のエアコンでしたら相場は約10〜20万円程度ですから、それと比べてしまうとかなり金額に差があるよう思える事と思います。その様な高額な物を設置する場所などの条件を考慮して適切な物を安価で選ぶことが非常に大変なことなのでリースをおすすめします。

かかる費用の削減の他に事務の効率化

業務用エアコンの壁掛けタイプを購入ではなくリースにした場合、購入するのと違って多額の資金を用意する必要が無くなります。そうすれば設備投資に使う予定の費用などを運転資金にまわすことができ効率的な運用をすることが出来ます。その上、金額を上げることもなく最新の業務用エアコンを導入することも可能になってくるのです。税法上、毎月のリース料金は賃料として経費の処理することができます。また、償却計算、財務管理などが不要になりますので事務処理の効率化も図ることができます。修理保証付きのリースなら故障しても無料で修理してもらうことができます。予想外に修理費用が発生することを心配しなくても大丈夫です。それから最新の省エネの対策された機種を選んだ場合、電気料金の節約も可能になってくるのです。

リースを利用するときの注意するべき事

リース契約をした場合に中途解約ができない事を覚えておきましょう。リース期間中は原則的には解約は認められていないので、どうしても都合により解約を申し出なければならないような場合には、 解約損害金(途中解約金)を支払う事で解約に応じてもらえる場合もあります。リース期間終了後のことですが機器の所有権は、リース会社になりますので、引き続き業務用エアコンの壁掛けタイプを使用したい場合は、再契約が必要になってくるのです。 この時の再契約でのリース料は大体において大幅にお安くなるよう設定されているところがあります。続けて利用しないで返却する時は返却費用も負担することもあります。また、リース契約を行う場合は一括購入と違い料率が発生していまいます。その為、一括で購入した金額よりも総額では割高になる事を理解しておきましょう。