業務用壁掛けエアコンのリース方法の解説

業務 用 エアコン 壁掛け

業務用エアコンは、家庭用エアコンと違い大型で長時間の使用が可能です。エアコンの運転能力は、家庭用だと最大でも1から3馬力ほどですが、業務用となると1.5から最大10馬力を超えます。業務用エアコンの本体代及び設置費用は、家庭用エアコンよりもだいぶ高額になります。広めのオフィスや飲食店、倉庫などでは天井埋め込み型のエアコンが主流ですが、それは業務用の中でも高額です。その点、比較的小規模のオフィスなどでは壁掛け型のエアコンにすると、本体代及び設置費用を節約することができます。壁掛け型のエアコンは一見家庭用のそれと似ていますが、サイズが大きいです。業務用の他のタイプと比べて設置場所を広く取らず、設置工事も短時間で済みます。設置後のメンテナンスがしやすいのも特徴です。

業務用壁掛けエアコンを設置する場合にかかる費用

業務用エアコンを設置する際にかかる費用は、エアコンの運転能力や設置場所によって大きく変わってきます。壁掛けタイプのエアコンは業務用エアコンの中でもリーズナブルで、本体代も数万円から、高くても10万円くらいです。そこに設置費用が加わりますが、新規工事だと10数万ほど、入替工事だともう少し安くなるようです。このように、新規に設置するとなると安く見積もっても数十万円は用意が必要になります。しかし、エアコンは新しい機種の方が省エネであり、ランニングコストが安く済みます。新機種のエアコンに替えたいけれど、まとまったお金が用意できないという場合にお勧めしたいのがリースによる導入方法です。リースを利用すると、初期費用がかからずに最新機種のエアコンを取り付けることができるのです。

リースによる業務用壁掛けエアコンの設置にはメリットいっぱい

業務用壁掛けエアコンは、エアコンメーカーや専門の販売店などでリース契約することができます。業務用壁掛けエアコンをリースすると、初期費用ゼロ円で最新機種を設置することができる為省エネになります。リースでは本体代及び設置費用をリース年数で分割する為、月々の支払が少なく済みます。しかもその月々の支払は経費として処理できる上に償却計算も必要ありません。金融機関からの借入枠も温存しておけます。更に、天災などによる機械の破損には動産保険が適用されるので安心ですし、無償修理つきのリースなら期間中何度でも無償で修理をしてもらえます。このようにリースにはメリットが多い一方で、リース終了後の総支払額が一括支払に比べ割高となるなどデメリットも少なからずあるので、複数の業者を比べてみるとよいでしょう。インターネットでは、同じ条件で複数の業者に見積一括請求できるサイトもあるので、活用してみて下さい。